二所ノ関部屋の力士一覧!過去から現在、松ヶ根~二所ノ関部屋の主な関取を網羅しました

二所ノ関(にしょのせき)部屋の過去から現在までの主な所属力士をご紹介する二所ノ関部屋の大相撲力士まとめ!

この記事では二所ノ関部屋と、その前身である松ヶ根部屋の主な関取を中心に紹介していきます。過去の力士については最高位や改名歴、初土俵や各段の昇進時期と最終場所、さらに生涯戦歴と生涯勝率、成績等を中心にご紹介していきます。また、現役力士については最高位と昇進時期、主な成績などを載せています。

なお、年寄名跡欄のマークは、その代で師匠(部屋持ち親方)になったことがあるという意味です。

現役の二所ノ関部屋力士の最新番付や成績、詳細なデータをご覧になりたい方はこちら

二所ノ関部屋の基本情報 一門 :二所ノ関一門
創設 :平成2年(1990)2月18日 ※松ヶ根部屋として創設
創設者:9代・松ヶ根 六男(元大関・若嶋津)
改称 :平成26年(2014)12月1日
改称者:12代・二所ノ関 六男(元大関・若嶋津)
現師匠:同上
現住所:千葉県船橋市古作4-13-1

二所ノ関部屋の概略

二所ノ関一門という一門があるぐらいですから、その本家なの?と思われる方もいると思いますが、現在の二所ノ関部屋は昔から続く本家ではありません。 二所ノ関部屋の本家は32代横綱・玉錦が昭和10年(1935)1月に二枚鑑札で創設したのが始まりで、そこから数々の分家が生まれました。

旧二所ノ関部屋の成り立ち

「二所ノ関一門の本流」となるのは昭和10年(1935)1月に32代横綱・玉錦が興した二所ノ関部屋ですが、これは「再興」とも呼べるものでした。

遡ること26年前の明治40年(1907)1月、友綱部屋の関脇だった海山太郎は二枚鑑札で5代二所ノ関を襲名、明治42年(1909)1月に現役を引退すると独立して二所ノ関部屋を創設します。当初の二所ノ関部屋は稽古土俵もないほどの小部屋で、弟子の育成にはたいへん苦労したようですが、その逆境にもめげずに弟子の玉錦は大関にまで昇進、3連覇も達成して横綱も間近と言われるほどになったのです。

ところが、その玉錦の横綱昇進を見届けることなく5代二所ノ関は胃がんにより昭和6年(1931)6月にこの世を去ってしまいます。これにより二所ノ関部屋は閉鎖となり、弟子たちは粂川部屋へと預けられることになりました。

この粂川部屋への移籍から程なく玉錦は横綱への昇進を果たします。昭和7年(1932)10月のことでした。

再興された二所ノ関部屋

横綱になった玉錦にはまだやり残したことがあります。昭和10年(1935)1月に二枚鑑札で6代二所ノ関を襲名、これによって悲願の二所ノ関部屋再興を果たすのです。この二所ノ関部屋も稽古場に苦労するほどの小部屋でしたが、6代二所ノ関は猛稽古によって急速に部屋を盛り立てて、先代師匠からの弟子だった玉ノ海を関脇に、そして直弟子の佐賀ノ花(のちの大関)を関取にまで育てあげます。しかし、これからという昭和13年(1938)12月に虫垂炎を悪化させてしまい34歳の若さで逝去してしまいました。

その後、師匠の急逝により7代二所ノ関を二枚鑑札で襲名した玉ノ海(関脇)、そして8代二所ノ関の佐賀ノ花(大関)へと部屋は継承されていくのですが、分家独立にも積極的な姿勢だったため二所ノ関一門は多くの部屋で構成されることとなったのです。

衰退していく名門

本家である二所ノ関部屋は横綱・大鵬や大関・大麒麟をはじめ、各時代で名力士を多数輩出しましたが、昭和51年(1976)9月に10代二所ノ関(元関脇・金剛)が部屋を継承する頃になると次第に勢力の衰えが見えはじめます。さらに平成24年(2012)10月に10代が脳梗塞で倒れたことによって部屋の経営が困難になってしまいました。

松ヶ根部屋から「新生」二所ノ関部屋へ

こうして幾多の名力士を輩出してきた「名門」二所ノ関部屋は閉鎖されることになり、その受け入れ先は同門である松ヶ根部屋になりました。10代二所ノ関と年寄2人に裏方は平成25年(2013)1月28日に松ヶ根部屋へと移籍、これによって旧二所ノ関部屋は正式に閉鎖されます。因みに所属していた3人の力士はこの時に引退してしまいました。

その後、平成26年(2014)11月24日に片男波部屋から18代放駒(元関脇・玉乃島)と、二所ノ関の名跡を継いでいた11代二所ノ関(元前頭8・玉力道)が移籍して松ヶ根部屋所属となり、12月1日に9代松ヶ根と11代二所ノ関が名跡を交換、同日付で部屋の名称を二所ノ関へと改称しました。これが現在の二所ノ関部屋になるのです。

二所ノ関一門は部屋の立地によって両国系と阿佐ヶ谷系との2つに大別されますが、本家は両国系でした。それに対して、現部屋の前身である松ヶ根部屋は阿佐ヶ谷系に分別されます。つまり、両国系だった「二所ノ関」の名跡は、阿佐ヶ谷系へと渡ったわけです。

スポンサーリンク


二所ノ関部屋の系図

二所ノ関部屋の成り立ちを図にしてみました。 二所ノ関部屋・相関図
スポンサーリンク



二所ノ関部屋の小結

松鳳山 裕也(現役)

気迫のこもった激しい相撲と土俵下での笑顔が魅力

松鳳山 裕也(しょうほうざん ゆうや)
最高位 :小結
出身地 :福岡県築上郡築上町
本 名 :松谷 裕也
生年月日:昭和59年(1984)2月9日(35歳)
出身大学:駒澤大学
所属部屋:松ヶ根⇒二所ノ関部屋
改名歴 :松谷⇒松鳳山
初土俵 :平成18年(2006)3月(22歳1ヵ月)
新十両 :平成22年(2010)5月(26歳3ヵ月)
新入幕 :平成23年(2011)11月(27歳9ヵ月)
新三役 :平成25年(2013)1月(28歳11ヵ月)
優勝等 :幕内次点1回,十両優勝1回,幕下優勝2回(同点1),序二段優勝1回
成 績 :殊勲賞1回,敢闘賞3回,金星5個

スポンサーリンク

スポンサーリンク

松ヶ根部屋の前頭

春ノ山 竜尚

同期は若の里、隆乃若、旭鷲山に旭天鵬

春ノ山 竜尚(はるのやま たつなお)
最高位 :前頭10枚目
年寄名跡:準年寄・春ノ山⇒20代竹縄
出身地 :愛知県豊田市
本 名 :春山 竜尚
生年月日:昭和51年(1976)8月2日
所属部屋:松ヶ根部屋
改名歴 :春山⇒豊毅竜⇒春山⇒春ノ山
初土俵 :平成4年(1992)3月(15歳7ヵ月)
新十両 :平成12年(2000)11月(24歳3ヵ月)
新入幕 :平成16年(2004)3月(27歳7ヵ月)
最終場所:平成18年(2006)11月(30歳3ヵ月)
生涯戦歴:426勝410敗52休/834出場(89場所)
生涯勝率:51.0%
優勝等 :幕下優勝1回
幕内戦歴:16勝29敗15休(4場所)勝率:35.6%
十両戦歴:213勝218敗19休(30場所)勝率:49.4%

若孜 浩気

明大付属中野中では花田光司と同級生、大学は玉春日や出島とチームメイト

若孜 浩気(わかつとむ ひろき)
最高位 :前頭12枚目
出身地 :千葉県市川市 ⇒ 和歌山県和歌山市
本 名 :中尾 浩規
生年月日:昭和48年(1973)2月13日
出身大学:中央大学
所属部屋:松ヶ根部屋
改名歴 :中尾⇒若孜⇒中尾⇒若孜
初土俵 :平成7年(1995)11月・幕下60付出(22歳9ヵ月)
新十両 :平成11年(1999)3月(26歳1ヵ月)
新入幕 :平成13年(2001)5月(28歳3ヵ月)
最終場所:平成18年(2006)7月(33歳5ヵ月)
生涯戦歴:275勝243敗49休/517出場(65場所)
生涯勝率:53.1%
優勝等 :十両優勝1回,幕下優勝3回
幕内戦歴:17勝28敗(3場所)勝率:37.8%
十両戦歴:72勝83敗10休(11場所)勝率:46.5%

若光翔 大平

元小結・舞の海の最後の取組相手は若光翔

若光翔 大平(わかこうしょう たいへい)
最高位 :前頭14枚目
出身地 :兵庫県西脇市
本 名 :三浦 太平
生年月日:昭和50年(1975)3月4日
所属部屋:松ヶ根部屋
改名歴 :三浦⇒若光翔
初土俵 :平成2年(1990)5月(15歳2ヵ月)
新十両 :平成12年(2000)1月(24歳10ヵ月)
新入幕 :平成12年(2000)11月(25歳8ヵ月)
最終場所:平成17年(2005)3月(30歳0ヵ月)
生涯戦歴:415勝400敗16休/814出場(90場所)
生涯勝率:50.9%
優勝等 :幕下同点1回
幕内戦歴:13勝17敗(2場所)勝率:43.3%
十両戦歴:169勝191敗(24場所)勝率:46.9%

松ヶ根部屋の十両

若東龍 秀史

同期は潮丸など

若東龍 秀史(わかとうりゅう ひでふみ)
最高位 :十両3枚目
出身地 :茨城県筑西市
本 名 :野寺 秀史
生年月日:昭和53年(1978)7月27日
所属部屋:松ヶ根部屋
改名歴 :野寺⇒若豊龍⇒野寺⇒若東龍⇒野寺
初土俵 :平成6年(1994)3月(15歳8ヵ月)
新十両 :平成12年(2000)5月(21歳10ヵ月)
最終場所:平成18年(2006)1月(27歳6ヵ月)
生涯戦歴:260勝186敗107休/443出場(72場所)
生涯勝率:58.3%
優勝等 :幕下優勝1回,三段目優勝1回,序二段優勝1回
十両戦歴:40勝41敗24休(7場所)勝率:49.4%

松ヶ根~二所ノ関親方の経歴

9代・松ヶ根~12代・二所ノ関 六男
平成2年(1990)1月26日~
褐色の肌と精悍な顔立ちで人気だった「南海の黒豹」。引退後は松ヶ根部屋を興し、のちに二所ノ関部屋へと看板を掛け替えた

若嶋津 六男(わかしまず むつお)
最高位 :大関
年寄名跡:9代松ヶ根12代二所ノ関
出身地 :鹿児島県熊毛郡中種子町
本 名 :日高 六男
生年月日:昭和32年(1957)1月12日(62歳)
所属部屋:二子山部屋
改名歴 :日高⇒若島津⇒若嶋津
初土俵 :昭和50年(1975)3月(18歳2ヵ月)
新十両 :昭和55年(1980)3月(23歳2ヵ月)
新入幕 :昭和56年(1981)1月(24歳0ヵ月)
新三役 :昭和57年(1982)3月(25歳2ヵ月)
新大関 :昭和58年(1983)1月(26歳0ヵ月)
最終場所:昭和62年(1987)7月(30歳6ヵ月)
生涯戦歴:515勝330敗21休/840出場(75場所)
生涯勝率:60.9%
優勝等 :幕内優勝2回(次点6),十両優勝1回,序二段同点1回,序ノ口優勝1回
成 績 :敢闘賞2回,技能賞3回,金星2個
幕内戦歴:356勝219敗13休(40場所)勝率:61.9%
  大関:250勝145敗13休(28場所)勝率:63.3%
  関脇:39勝21敗(4場所)勝率:65.0%
  小結:10勝5敗(1場所)勝率:66.7%
  前頭:57勝48敗(7場所)勝率:54.3%
十両戦歴:44勝30敗1休(5場所)勝率:59.5%

現役の二所ノ関部屋力士の最新情報はこちら

ここまでは過去から現在までの松ヶ根~二所ノ関部屋の主な力士たちをご紹介してきましたが、二所ノ関部屋の現役力士の最新番付や成績を知りたい方の為に最適な記事もご用意しています。相撲観戦と予習におススメです!

コメントはお気軽にどうぞ

ユーザー様の視聴環境

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。